改めて知っておきたい愛人契約定義や出会い系サイトで契約をするということについて

愛人契約定義「愛人契約」という言葉を耳にしたことがあるという方も多いでしょう。
そして、興味を持っているという方もおいでのことと思います。
愛人紹介サイトなどもありますが、出会い系サイトから関係を持ち愛人契約をするという方もまたいらっしゃるのです。
そこで今回は、愛人契約という事について考えていきたいと思います。

愛人契約とはどのような内容なのか

愛人契約とは契約というと堅苦しいようなイメージがありますが、正式に契約書を取り交わすなどという関係性ではありません。
中には一筆書いてほしいという希望を持っているケースもあるかもしれませんが大半は「口約束」ということになります。
ですから、割り切った付き合いなどにおいて利害関係をより明確にしたものが愛人契約という事ができるでしょう。

具体的内容はそれぞれの関係性によって変わってくるのですが、継続的に女性は男性の希望に対応すること。
そして男性はその希望に対応してくれたことに対して対価を与えることというものになります。

愛人契約の相場について

次に気になるのが「相場」ではないでしょうか。
その時々によって変化をする愛人契約における相場ですが、一般的には5万円前後からハイクラスともなると月に30万円以上などという事もあるようです。
生活すべてを支えるという事になると、最低でも月に20万円程度は必要という場合も少なくありません。
これは、月極という形での愛人契約です。

一回ごとの契約という方もいらっしゃるようで、そうした場合は一回につき3万円から10万円程度という事を覚えておくと良いでしょう。

出会い系サイトを利用して愛人契約ができるのか

出会い系サイトで愛人いつでも手軽に利用できる出会い系サイトですが、ここを利用して愛人契約までたどり着くことは十分に可能です。
愛人募集を行っている男性も数多くいらっしゃいますし、愛人になりたいと希望をしている女性もまたたくさんいらっしゃるのです。
ですので、出会い系サイトを積極的に利用をしてよいパートナーを探してみるというのも良いのではないでしょうか。

出会い系サイトを利用して愛人契約をする際のポイント

気にかけておきたいということは、しっかりと条件面についてすり合わせておくことです。
トラブルにならないためにもこちらは初デートの前に確認し納得と合意をさせておきましょう。

また、関係を作る上において身体的な関係をもつかどうかなどと詳細な部分においても話し合っておくとよりスムーズな関係を築くことが出来るかとも思います。
より効率的にという場合には、出会い系サイトで募集する際にその詳細を記して投稿していただくのも良いでしょう。
相手にも伝わりやすいですし、自らの希望も通りやすいかとも思います。

愛人契約をするということ

愛人契約ということについて考えていきました。
継続的な関係を持つ方が多い愛人との関係。
そのうえで必要となる契約に関する知識をもっておくことによって、より良い相手を見つけやすくさせてくれることでしょう。

愛人募集を出会い系サイトでする上で押さえておくべきこと

愛人募集のポイント出会い系サイトは様々な目的で活用されていますが、愛人募集を目的に利用している人も多くなっています。
もしも、自分にとって理想的な愛人を募集をしたいと思っているのであれば、どういった点を押さえればいいのでしょうか。

愛人募集に適したサイトを選ぶ

出会い系サイトにも色々なジャンルがありますから、愛人募集に適したサイトを選ぶようにしましょう。
例えば、メル友や趣味友を作るようなサイトや、割り切り目的のアプリなどを利用しても、愛人を作ることは難しいです。
やはり、ある程度質が高く、真面目な出会いを探せるような出会い系サイトを選ぶ必要があります。

最近では、無料で使えるサイトもかなり多くなってきたので、そちらを利用したいという気持ちもあるでしょう。
しかし、愛人募集を目的とするのであれば、ユーザーの質が高い有料サイトを利用した方がいい場合もあります。
たとえお金はかかったとしても、より理想の愛人を作った方がメリットも大きいでしょう。

安易に募集の書き込みを信じない

出会い系サイトに登録をして、掲示板に「愛人を募集しています」という書き込みを見かけても、安易に信じないようにしましょう。
単なる援助目的の可能性もありますし、あるいは詐欺や勧誘や個人情報収集など、そういった目的で書き込まれているケースも多いです。

どういった出会い系サイトにも、悪質なユーザーや悪質な業者は存在していますから、何の疑いもなく信用してしまうと痛い目を見ることになりかねません。
まずは相手とじっくりとやり取りをして、怪しい部分がないかを確認していくようにしましょう。

出会う前にしっかりとコミュニケーションを取るようにする

メル友や割り切りといった気軽な関係であれば、そこまでやり取りに時間をかける必要はないかもしれません。
しかし、愛人募集という深い関係を求めるのであれば、相手と出会う前にしっかりとコミュニケーションを取らなければなりません。
お互いのことをよく知らなければ、互いに信用し合うこともできませんから、愛人関係云々以前の問題なのです。

出会ってからすぐに愛人契約を結ばない

愛人関係というのは、一度結ぶとなかなか別れることはできませんし、気軽に関係を終わらせられるものでもありません。
したがって、出会ってからすぐに愛人契約を結ぶのではなく、何度も出会いを重ねてお互いに話し合った上で、最終的に愛人関係を持つかどうかを決めるようにしましょう。
状況次第では、諦めるという決断をすることも大事になってきます。

簡単に募集ができるからこそ慎重に考える

今の時代は、出会い系サイトでも掲示板でも簡単に愛人募集ができますが、だからこそ慎重に考えて検討しなければなりません。
本当に愛人契約を結んでもいいのか、金銭面での問題はないのか、今後の将来に影響は出ないか、そういったことをよく考えた上で、それでも愛人募集をしたいと思ったのであれば、1つ1つ段階を踏みながら取り組んでいくといいでしょう。

愛人紹介をしてもらいたいなら交際クラブ

交際倶楽部についてある程度に経済的に余裕がでたと思ったら、世の中の若い子には相手にされない年代になってしまった。
こういった場合にはお金を力を使ってでも愛人を作りたいと思うのは当然。
出会い系サイトはイマイチという方に愛人紹介サービスを紹介していきます。

交際クラブが行う愛人紹介サービス

愛人紹介サービスは主に交際クラブが行っていることが多いです。
交際クラブとは男性が入会金や年会費、更に利用料などを支払って若い女の子を紹介してもらうサービス。

名目上はデートや茶飯といった関係で「お車代」を支払い楽しく過ごすという健全なサービスを謳っているものの、利用している男性はもちろん女性も身体の関係ありきという暗黙の了解で活動しています。

お互いにデートなどをして金額面や相性面などで折り合いがつけば愛人契約を結ぶことも十分にありえますから、このサービスを愛人紹介サービスと言っても間違いではないでしょう。

愛人紹介をしてくれる交際クラブはどのくらいのコストが掛かるのか?

交際クラブのコスト交際クラブの利用料金はそのクラブによってまちまち。
会員ランクなどを設けていてそのランクでコストが違ってくるというシステムにしているところもあります。

入会金や年会費の高いクラブの場合には、風俗と同様にレベルの高い女性が会員になっていることが多いです。
主に年会費と入会金、そしてその都度にかかってくる紹介料がコストとして掛かります。

その上で女の子にはお車代を支払う必要が出てきます。ご飯などだけのデートである茶飯の場合の相場は5000円から1万円になります。

こういったお車代をケチるとパトロンになる代わりに肉体関係を提供しても良いというような愛人契約を結びたい場合にはマイナスな印象を抱かれますから注意したいところですね。

交際クラブの弱点

交際クラブには唯一の弱点があります。
それは特定のエリアにしか存在していないこと。
都道府県の中でも5大都市と言われるようなエリアにしか交際クラブが存在していないことが多く、どうしても利用できる方が限定されているというのが弱点です。

近場でアクセスの便が良いエリアに住んでいれば、丁度よいと思うかもしれませんが、それらのエリアに行くのに時間が掛かる方や愛人と会う頻度を高めたいという方にはあまりおすすめできません。

東京や横浜、大阪、名古屋、福岡などの都市にしか存在していないことが多く、一番多いのが東京都になります。
これらのエリアに近くない方の場合には、出会い系サイトを利用して愛人募集をしていくべきでしょう。

5大都市在住なら交際クラブで愛人紹介ができるが…

東京や大阪、名古屋、福岡、横浜などの5大都市レベルの大きな都市であれば愛人紹介をしてくれる交際クラブが非常に役立ちます。
しかしながら、これらのエリアに住んでおらずアクセスも不便という方の場合には、契約後のことを考えても自分の活動エリアの中で愛人を探すことがおすすめです。

この場合には従来使われているツールである出会い系サイトがおすすめですね。

愛人募集サイトでの愛人との体験談

愛人募集サイトでの体験談愛人契約を始めてから思っていたより毎日が変わったという男性の体験談をここで参考に掲載してみます。
会社員40代男性の愛人募集サイトでの体験談はここからになります。

わたしが結婚してからしばらく経とうとしていますが、さすがに結婚生活が何年も続くとマンネリ感によって妻との関係も新鮮さが薄れてきたり、妻の方でも愛の言葉をささやきあったりするのは飽きてきたらしく、今では愚痴ばかりを聞かされる毎日です。

自分もいつまでも同じ女性に同じ蔵に愛情を注ぎ続けるのは難しいとよく実感していたので、一時だけでも新しい若い女の子と付き合ってみたいという欲望がつまらない毎日を続けるにつけ日増しに強くなっていきました。

そこで私の昔からの悪友に相談してみることにしたんです。
彼は昔から異性関係には強くて私も色々アドバイスを貰ったり彼女を紹介されたりと世話になったのですが、今でも頼れる友人として時々妻との関係や女遊びについての相談に乗ってもらっていました。
すると彼もすでに既婚者であるのにもかかわらず愛人がいると聞かされてやっぱりなと思いましたね。

しかしそんなにすぐに愛人契約できる愛人が見つかるものだろうかと疑問に思いましたが、別に彼みたいに女性関係に強くは無くても、愛人募集サイトを使えば自然に愛人が作れるらしいんです。

友人も最初は遊び目的で愛人募集サイトを使っているときにある女性とメールフレンドになって、そこからどんどん今の関係へと進展していき、愛人としての付き合いが始まったそうです。

私も彼を参考にして愛人募集サイトでまずは友だちから始めてくれそうな女性を探してみましたが、そこで私よりも10歳くらい年下のヒロミという女の子との運命的な出会いを果たしたんです。

自然に男女としても意識するようになってついに愛人としてのデートも始まりましたが、彼女と会っている間はあくまでも愛人というのを忘れさせるほどの本当の恋人と一緒にいるみたいに楽しいんです。

年下ということもあって同世代と付き合っていると気では得られない新鮮な感覚や刺激も味わえますし、彼女が許してくれるのならばできるだけこの関係を長く続けていきたいですね。

流石に今の妻との離婚を考えるところまではいっていませんが、正直に言えばヒロミと会っているときのほうが断然に楽しいのは事実だと認めます。

私は彼女に精神的に助けられているので彼女が困っているときにも手を差し伸べたいです。

愛人募集掲示板で愛人と出会えた40代男性の話

40代男性の愛人体験談ある40歳の男性の愛人募集の体験談です。
男性が愛人募集をしようと思ったのは友達が影響しています。
彼の友達は15歳も年下の若い女性と愛人契約の関係にあったのです。

そんな若い女性とセックスをして愛人として付き合っているなんて羨ましい話ですが、何よりもいいなと思ったのはその友達が愛人募集をしてから前よりもイキイキとしている事です。
男性自身は仕事が忙しく、疲れて家に帰ると妻は愚痴ばかりでその愚痴を聞くだけで憂鬱な気分になってしまう。
そんな毎日を送っていて、毎日が楽しいなんて気持ちになったのはいつ以来なのか思い出せないぐらいでした。
自分ももっとイキイキとしてみたい、そんな気持ちで愛人募集掲示板で愛人募集をしてみたのです。

男性が知り合ったのは20代の若い女性でデザイナーになるために勉強をして、アルバイトで生活をしている女性でした。
勉強をしながら生活費は自分で稼いでいるわけですから決して余裕のある暮らしをしているわけではありません。
しかし夢のために、やりたい事をしているのだから余裕がない暮らしでも構わない、そんな若いエネルギーは見ているだけで自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれたのです。

男性は愛人として女性と付き合い、さすがに生活を全て囲うだけの経済力はありませんでしたが、彼女がアルバイトの給料日前などお金がない時期にはご飯を奢ってあげたり、デザイナーの勉強のために必要な教材が高くて買えない時には代わりに買ってあげたりと夢を応援したのです。
彼女自身も頼れる大人の男性として、夢を応援してもらえる事がすごく励みになり、愛人契約の関係がいけない事だとは思わなかったと言います。

そしてずっと続けられる関係ではなくても、もう少しだけ、自分がもう少しだけしっかりして一人で夢に向かって歩けるようになるまで支えて欲しいと考えているのです。
お互いに日常生活の中で相手の存在が癒しの存在になっているのです。
友達がイキイキしていて羨ましい、そんなふうに思っていた男性も他人から見たら今ではイキイキとした毎日を送っているのかもしれませんね。

隣の芝生は青く見える、そんな言葉もありますが、他人が羨ましいと思ったら自分も同じ事をしてみればいいのです。
マネとかそんな事はどうでもいいですよね。
自分が今幸せかそうでないのかは自分自身で決める事です。
他人から見て幸せそうに見えても、その家庭で自分がちっとも幸せに感じないのであれば、外に幸せを求めてもありだと思います。